こんにちは。税理士の竹居です。

今年の3月に開業された院長先生からのご質問です。

内覧会、開院初日は患者さんの来院も盛況でしたが、その後、一日あたり7人とか10人前後の日が続

いています。何か対策はありますか。

  

内覧会や初日は盛況なものの、その後暇な日が続くという話はよく聞きます。

これは、内覧会や開院日の情報を入手した方がクリニックの品定めをする為に来院することが多いため

です。ここで患者さんの印象に残る内覧会が出来れば良いのですが、ありきたりの内覧会で終わると、

その後、閑古鳥がなくケースはよくあります。

それでも、まだまだ挽回のチャンスはいくらでもありますからご安心下さい。

代表的な打開策をご紹介します。

プラン1

 クリニック周辺に広告を打ちましょう!先生が思われているほど、近隣の住民の方はクリニックの存在

 を知りません。まず、クリニック周辺を歩いて下さい。人の出入りがある場所、目立つ場所に看板を

 設置しましょう。この時にLEDライト付の看板が設置出来るといいですね。

 夜間はまわりが暗い分、ライト付の看板は広告効果が抜群です。

プラン2

 HPを作成しましょう。ただし、HPがあるだけでは今や何の差別化にもなりません。

 HPの作成の仕方だけで印象が大きく変わります。

 先生の写真をはじめ先生の人柄や得意な診療分野が分かる記事を織り込みましょう。

プラン3

 スタッフの対応を再度チェックしましょう?常々思うのですが、スタッフはクリニックの第2の顔です。

 スタッフの方々にはここは自分のクリニックという愛着を持って働いて欲しいですね。そう思うだけで、

 おのずと患者さんへの対応も違ってきます。

プラン4

 上記以外にも対策はあります。これは代表例をあげただけです。

 先生の置かれている環境により、打つ手は無限にあります。落ち込んでいる暇などありません。

 頑張りましょう!